​philosophy

​私は

料理人というのは

どんな食材でも

美味しくする事が出来なければならない

と考えます。

そして、それはどんな状況においても。

古典料理(クラシック)に

革新的(イノベーティブ)な要素を加えたものをベースとし、

科学と数学で確立させる。

更に

食肉製品製造業(シャルキュトリ)で培った

知識と技術を要所要所に組み込み

『仕込み』の美学と

『出来たて』の美学を

最大限に生かす。

これを私の料理とします。